NEWS

ニュース

2022/05/26
イベント

「感謝の夕べ」を開催


いつもノジマステラ神奈川相模原に対し、多大なるご声援を頂き、誠にありがとうございます。
 
5月25日(水)けやき会館にて、スポンサー各社の皆さま、行政・協会関係者の皆さまに2021-22シーズンのご支援・ご声援への感謝を伝える場として、「感謝の夕べ」を開催致しました。
新型コロナウイルス感染症予防・対策を講じながら、2シーズンぶりに対面で開催をすることができ、皆さまの思いにふれながら、感謝を伝えると共に、来シーズンへの決意の場となりました。
 
 
お忙しい中お集まり頂いた皆さま、また、2021-22シーズン ノジマステラ神奈川相模原を支えて頂いた皆さま、誠にありがとうございました。
来シーズンもノジマステラ神奈川相模原へのご支援・ご声援を何卒よろしくお願い致します。
 
 

 
□馬場正臣 代表取締役社長 
 本日はお忙しい中、感謝の夕べにご参加いただき、ありがとうございます。
私はシーズン途中の3月からバトンを受け取り、代表を務めさせて頂いております。この場で改めてご挨拶させて頂きます。
 先週末22日(日)の最終戦をもちまして、シーズンが無事に終了致しました。これはひとえに、スポンサー各社の皆さま、サポーターの皆さま、その他関係者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。順位については11チーム中10位となりましたが、我々はこの結果に誰1人満足しておりませんし、早急に立て直しを図って参ります。
 喫緊の課題としては集客とのところで、ホームの平均入場者数が1000名に届かず、リーグ目標の5000名という数字に対してまだまだ努力していかなければなりません。相模原市および近隣の人口が100万人とすれば、今は1000人に1人しか来て頂けていない現状です。そこを1000人に2人、3人と増やしていく努力をしていかなければなりませんし、そのための話題作りをしていかなければなりません。「女子サッカー」「ステラ」という話題が日常の会話にどんどん出てくるような仕掛けを作っていきたいと思っております。
 そして、このWEリーグ元年、選手たちは初めて「プロサッカー選手」として戦いました。難しい状況の中でも試行錯誤しながら、果敢に諦めずに戦ってくれたと思っています。これは確かなことです。今後はこれまでの資産を活かしながら、新生ステラを目指していきたいと思っておりますので、引き続きご支援・ご声援の程どうかよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 
□キャプテン 松原有沙選手
 本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。また、今シーズンも多大なるご支援、ご声援を頂き、ありがとうございました。たくさんの方々の支えがあり、今シーズンを戦い抜くことができました。
 WEリーグ元年、私たちは優勝を目指して戦ってきました。前半戦は守りに入ることが多く、なかなか得点が取れずに苦しいことも多かったですが、新しい選手も加わり後半戦は得点を取れるようになっていきました。ですが、勝ち切ることができなかった結果、10位という悔しい順位に終わりました。日頃からご支援頂いている皆さまに、良い報告ができず申し訳ございません。
 今シーズンは悔しい結果となってしまいましたが、来シーズンもWEリーグの舞台で戦うことができます。私たちは立ち止まることなく、前に進み続けます。今シーズンの悔しさを糧にもっともっと強くなったノジマステラを皆様に見て頂けるように頑張っていきますので、これからもご支援・ご声援の程よろしくお願い致します。
 
 
 

皆さまお忙しい中ご参加頂き、ありがとうございました。
 

豪華景品が当たるビンゴ大会も行いました!
 

2021-22シーズンもご支援・ご声援をありがとうございました。