NEWS

ニュース

2022/05/01
お知らせ


【5月1日EL埼玉戦】試合結果および監督・選手コメント


いつもノジマステラ神奈川相模原をご声援頂き、誠にありがとうございます。
5月1日(日)に行われました、ノジマステラ神奈川相模原vsちふれASエルフェン埼玉の試合結果および、監督・選手コメントをお知らせ致します。
 
 

 
開催日時:5月1日(日)14:00キックオフ
会場:熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
対戦相手:ちふれASエルフェン埼玉
試合結果:1-1(前半:0-1、後半:1-0)
得点者:石田千尋
試合記録:WEリーグデータサイト
 

 
<ノジマステラ神奈川相模原 メンバー>

スターティングメンバー
GK:久野吹雪
DF:松原有沙、畑中美友香、大賀理紗子
MF:伊東珠梨、石田千尋、脇阪麗奈、出耒村亜美
FW:杉田亜未、松本茉奈加、佐々木美和
 
サブ
GK:池尻凪沙
DF:石田みなみ、福住青空
MF:北方沙映、西郡茉優
FW:サンデイ・ロペス、齋藤花菜
 
【選手交代(ノジマのみ)】
78分:OUT松本茉奈加/IN齋藤花菜
87分:OUT出耒村亜美/IN石田みなみ
90分+4:OUT佐々木美和/IN西郡茉優
 
 
【試合後コメント】
□北野誠監督

ー試合総括ー
雨の中のゲーム、うちもちふれさんも本当に必死なサッカーで、戦術云々ではなく気持ちの試合でした。スタンドにはたくさんのサッカー少女が来ていて、子どもたちに見てもらうには好ゲームになったのではないかと思います。
 
ー0-1で折り返して、後半に向けて修正した点はどんなところでしょうか。
ちふれさんに対して警戒していたのは、カウンターとセットプレーでした。前半は後ろの組み立てで中央を狙うことが多く、そこを奪われて、警戒していたカウンターを受けてしまっていました。カウンターを受けないためにも、サイドを狙うように修正し、後半はワイドの選手も開けるようになって、スペースも生み出せました。ただ、前半で追いつくことができていたら、試合展開も変わったと思います。決めきれないところが今のチームの力ですね。
 
ー次は中2日で東京NB戦です。
ここからベレーザさん、INACさんと強豪との連戦になるので、楽しみです。うちは今最下位のチームなので、構えても仕方ないですし、見ている人に楽しんでもらえるような、面白いサッカーを展開したいと思います。
 
 
□石田千尋選手

ー試合を振り返って下さい。
勝ち点3を取れずに悔しいです。ただ、先制された中で追いついて、引き分けまで持ってこれたこと、勝ち点1をとれたことはチームとして良かったと思います。
 
ー得点シーンを振り返って下さい。
前半からコーナーキックが多かったので、1点は取りたいなと思っていました。決めることができてまずは良かったです。あみさん(杉田選手)からのボールがニアサイドの思っていたところに来たので、後は合わせるだけでした。
 
ー試合を通して意識していたことを教えて下さい。
今日は雨ということもあり、セカンドボールをどれだけ拾えるかが勝利のカギを握ると思っていました。なので、なるべく相手より先にボールに触ろうということは意識していました。あとは、ボールを奪うことは私自身の長所なので、そのあとのパスを正確に繋ぐことで、攻撃のスイッチを入れたいと思っていました。
 
ー中2日で東京NB戦です。
まずは良い準備をして、次こそ勝ち点 3が取れるようにチームでもう一回合わせて、頑張っていきたいと思います。 2試合連続ゴール狙います!
 
 
□畑中美友香選手

ー試合を振り返って下さい。
今日はどうしても勝ち点3が欲しいという試合だった中で、開始早々に失点をしてしまいました。ただ、そこで慌てることなく、自分たちのサッカーを出す為にみんなでもう一度まとまることができて、同点に追いつけたことは良かったと思います。
 
ー3/19東京NB戦以来のスタメン出場となりました。試合に入るにあたって、意識したことがあれば教えて下さい。
まず自分の役割をしっかりと把握して、相手のFWに起点を作らせないことを意識していました。試合に出て、"結果"でチームに貢献したいという思いがあったので、無失点に抑えられなかったことは悔しく、まだまだ課題だなと思います。ただ、ピンチもあった中で2失点目を取られることなく、みんなで体を張って守れたのは良かったです。
 
ーリーグ戦は残り4試合となります。畑中選手はどんなプレーを見せていきたいと考えていますか。
最近は無失点試合がないので、守備の選手としてそこは意識していきたいです。なんとかゴールを守り切る試合を 1試合でも多く作って、守れていたら攻撃に勢いも出ると思うので、そこで 1点でも 2点でもゴールを奪って、勝ち点 3を手にしたいと思います。