NEWS

ニュース

2022/04/16
お知らせ


【4月16日S広島R戦】試合結果および監督・選手コメント


いつもノジマステラ神奈川相模原をご声援頂き、誠にありがとうございます。
4月16日(土)に行われました、ノジマステラ神奈川相模原vsサンフレッチェ広島レジーナの試合結果および、監督・選手コメントをお知らせ致します。
 
 

 
開催日時:4月16日(土)14:00キックオフ
会場:相模原ギオンスタジアム
対戦相手:サンフレッチェ広島レジーナ
試合結果:0-2(前半:0-1、後半:0-1)
得点者:なし
試合記録:WEリーグデータサイト
 

 
<ノジマステラ神奈川相模原 メンバー>

スターティングメンバー
GK:池尻凪沙
DF:大賀理紗子、松原有沙、伊東珠梨
MF:出耒村亜美、杉田亜未、石田千尋、小林海青
FW:脇阪麗奈、松本茉奈加、サンデイ・ロペス
 
サブ
GK:久野吹雪
DF:石田みなみ、畑中美友香、福住青空
MF:北方沙映、西郡茉優
FW:佐々木美和
 
【選手交代(ノジマのみ)】
54分:OUTサンデイ・ロペス/IN佐々木美和
73分:OUT出耒村亜美/IN西郡茉優
73分:OUT小林海青/IN畑中美友香
 
 
【試合後コメント】
□北野誠監督

ー試合総括ー
前節久しぶりに勝つことができて、今節はホームで連勝、そして良い試合ができるかなと思っていましたが残念な結果となりました。このようなメンタルゲームに勝てないというのが今のチームの実力なんだと思います。こういうゲームは戦術云々ではなく、気持ちの部分が大きくて。その中で後手に回ってしまうと優位には立てない。球際なんかも広島さんの方が勝っていたと思いますし、雰囲気を作ってくれたファンやサポーターの方に申し訳なく思います。
 
ー前半は特にリズムを掴めていなかったように思います。後半に向けて改善した部分はどんなところでしょうか。
ハーフタイムには守備が下がりすぎていた部分を修正しました。ボールを取り切れないからといって、取りに行かないで下がると、後手を踏んでしまうので。もう一度前からプレッシャーをかけにいくこと、そして後手に回るなよということを伝えました。
 
ー次節に向けて
下位チーム同士の戦い、今週もそうでしたが絶対に負けられない試合になります。もう一度気持ちを引き締めて、準備していきます。
 
 
□石田千尋選手

ー試合を振り返ってください。
今日は立ち上がりからメンタルゲームになることを北野さんからも言われていました。立ち上がりが大事になってくる中で、入りは悪くなかったと思いますが、早い時間帯に点を取って自分達のペースに持っていきたかったなという反省が残ります。
 
ー中盤は激しい攻防となりました。
ボールを奪いに行っても、今日は取りきれないことが多かったです。いつもだったら取り切れるところで取り切れなくて。取れないと思って引いてしまう部分が前半はありました。ハーフタイムの指示でもありましたが、そこは引かないで、取り切れなかったとしても相手が嫌がっていることなので、前から行くことを続けていくべきでした。
 
ー次の試合に向けての意気込みをお願いします。
今日最後のミーティングでもメンタルゲームになるという話はあって。自分の特徴で言ったら球際の強さの部分で、なるべく 100%に近い率で目の前の相手に勝って、チームとしても勝ち切れるように 2週間で修正していきたいと思います。
 
 
□伊東珠梨選手

ー試合を振り返ってください。
結果は0-2で負けてしまいましたが、前半のうちから後半のような守備ができていれば結果が変わってきたのではないかと、悔しさが残ります。特に前半はチームとしてマンツーマンでマークにつくという決まりがあった中で、マークのズレが起き、その時の対応が曖昧になってしまいました。うまく行かなかった時にその場で修正できなかったことは、今後の課題だと思います。後半は修正をして自分達のペースで行けたと思うのですが、なかなか得点まで繋がらなかったので、そこは改善していきたいです。
 
ー選手交代で1つ前のポジションに入りました。その際に意識したことがあれば教えてください。
自分が左DFをやっていた時に空いているなと感じていたスペースを使うことを意識してプレーしました。パスが繋がるようになったり、サイドで崩せることが何回かあったので、そこは意識して良かったと思いました。
 
ー次の試合に向けての意気込みをお願いします。
個人的にはボールを持った時の判断の質をもっと上げていきたいです。チームとしては今一度全員が共通理解をした上で戦っていきたいと思います。そのための準備をしていきます。