女子サッカーで目指せ神奈川のステラ

NEWS

ニュース

2021/10/17
お知らせ


【10月17日I神戸戦】試合結果および監督・選手コメント


いつもノジマステラ神奈川相模原をご声援頂き、誠にありがとうございます。
10月17日(日)に行われました、ノジマステラ神奈川相模原vs INAC神戸レオネッサの試合結果および、監督・選手コメントをお知らせ致します。
 
 

 
開催日時:10月17日(日)13:00キックオフ
会場:ノエビアスタジアム神戸
対戦相手:INAC神戸レオネッサ
試合結果:0-1(前半:0-1、後半:0-0)
試合記録:WEリーグデータサイト
 

 
<ノジマステラ神奈川相模原 メンバー>

 
スターティングメンバー
GK:久野吹雪
DF:大賀理紗子、石田千尋、伊東珠梨
MF:松本茉奈加、脇阪麗奈、西郡茉優、平田ひかり
FW:野島咲良、ケーニヒ・シンディ、サンデイ・ロペス
 
サブ
GK:根本望央
DF:鈴木綾華、石田みなみ、小林海青、福住青空
MF:北方沙映
FW:佐々木美和
 
【選手交代(ノジマのみ)】
33分:OUTケーニヒ・シンディ/IN北方沙映
68分:OUT西郡茉優/IN鈴木綾華
68分:OUT伊東珠梨/IN福住青空
85分:OUT平田ひかり/IN佐々木美和
85分:OUT野島咲良/IN石田みなみ
 
 
【試合後コメント】
□北野誠監督

ー試合総括ー
試合の前にアクシデントがあって、今日は3バックで挑みました。INACさんはフリーにさせると自由にやられてしまうので、ボールを持たれることはある程度想定していた中で、プレッシャーをかけてなるべく持たせないことが今日のゲームプランでした。ただ、90分間ハイプレスをかけ続けることは難しいので、どこで勝負をかけるかというところでしたが、先に点を取られてしまいました。残り20分で勝負をかけましたが、追いつくことができず、残念な結果となりました。
 
ー終盤は相手ゴールに迫るシーンも増えました。
試合を通して、INACさんを相手にアグレッシブに戦うことはできたと思います。ただ、いい試合をしても勝たないと結果には残らないですから。後半からはある程度前向きでボールを奪えて、前に行けるようになりましたが、点が取れなかった。"惜しい"で終わらせないように取り組んでいかないといけないですね。
 
ー1週間空いて、アウェイでの戦いになります。
どういったメンバーで戦うかも含めて考えていかなければならないですが、今日は途中から出た選手も含めよく頑張っていました。この 2週間で良い意味で競争が生まれて、良い準備ができればと思います。
 
 
□石田千尋選手

ー試合を振り返って下さい。
個人的には今季初のスタメン出場だったので、この試合で何を残せるかということを意識して、自分の長所をなるべく出していこうという気持ちで試合に入りました。ただ、チームとして勝つことができなかったので、結果を出すことができず、悔しさが残っています。
 
ー今日はどんな指示を受けて、試合に入ったのでしょうか?
相手のFWに対して、球際のところを強く行くことを特に北野監督には言われていました。田中美南選手とマッチアップする中で前を向かれてしまうことも何回かはあったのですが、なるべく前を向かせないということを意識した中で、対応できたところは収穫かなと思います。
 
ー次の試合に向けての意気込みをお願いします。
少しでも出場時間を延ばせるように、今できるベストプレーを練習から続けてアピールしていきたいと思います。
 
 
□平田ひかり選手

ー試合を振り返って下さい。
今日はゴール前で運に助けられたシーンもあり、スコア的には0-1ですが、内容は完敗だったなと思います。ただ、チームとしてゴールが少ない中で、首位のINACさんを相手にゴール前まで迫れるシーンも作れたので、そこはプラスに捉えています。
 
ー強豪相手でしたが、今日も粘り強く戦っていました。
攻め込まれる想定はしつつ、「0」で抑えられれば必ずチャンスは来る、我慢して守備をしてチャンスをものにしよう。という話は北野監督から試合前にされていました。見せ場を作れたのは、選手がそれを体現した結果かなと思います。
 
ー次の試合に向けて、どんな準備をしていきたいですか。
ゴール前の決定力を上げていけるように、シュートや崩しの部分のトレーニングにはこだわっていきたいと思います。点を取らなければ勝てないので、点をとれるように準備します。