女子サッカーで目指せ神奈川のステラ

NEWS

ニュース

2021/05/08
お知らせ

【05月29日大宮V戦】試合結果および監督・選手コメント


いつもノジマステラ神奈川相模原をご声援頂き、誠に有難う御座います。
5月29日(土)に行われました、2021WEリーグプレシーズンマッチ 大宮アルディージャVENTUS戦の試合結果および、監督・選手コメントをお知らせ致します。
 

開催日時:5月29日(土)13:00キックオフ
会場:相模原ギオンスタジアム
対戦相手:大宮アルディージャVENTUS
公式記録:WEリーグ公式HP

 
 試合結果
ノジマステラ神奈川相模原 0-1 大宮アルディージャVENTUS
(前半:0-1、後半:0-0)
 
 

 
 
【ノジマステラ神奈川相模原メンバー】

 
 
◎STARTING Ⅺ
GK:池尻凪沙
DF:北方沙映、福住青空、鈴木綾華、小林海青
MF:平田ひかり、脇阪麗奈、石田千尋、井上陽菜
FW:野島咲良、松本茉奈加
 
◎SUBSTITUTES
GK:久野吹雪
DF:石田みなみ、大賀理紗子、伊東珠梨
MF:中山未咲、西郡茉優
FW:佐々木美和
 
 
【選手交代(ノジマのみ)】
23分:OUT池尻凪沙/IN久野吹雪
35分:OUT脇阪麗奈/IN西郡茉優
62分:OUT福住青空/IN伊東珠梨
62分:OUT平田ひかり/IN石田みなみ
62分:OUT井上陽菜/IN中山未咲
62分:OUT野島咲良/IN佐々木美和
 
   
 
 
 
【試合後コメント】
□北野誠監督

・試合総括
今日は勝ちにこだわっていこうと思っていた中で、前半立て続けにアクシデントが起こってしまいました。やろうとしていることはブレずにやっている中で、これまで大差で負けた試合があったので、守備のところはテコ入れをしました。そこは改善が見られたかなと思っています。またしっかりと準備をして、9月の開幕に向かいたいと思います。
 
ー今日の4-2-3-1のフォーメーションの狙いについて教えてください。
中盤で距離感を近くしたいという狙いがありました。ただ、前半はタッチ数の間違いがすごく多かったと思います。1タッチでやればいいところを2タッチしてしまう。2タッチ・3タッチしなければいけないところを1タッチでパスしてしまう。そういうところでズレが起きました。後半は、少ないタッチ数でボールを回して、4-2-3-1の距離感がしっかり掴めていたので、うまくボールを運べたかなと思います。
 
ープレシーズンマッチ4試合の総括をお願いします。
4連敗ですが、僕の中ではプレシーズンマッチの結果に重点は置いておらず、怪我人が多い中出場していた選手達はトライアンドエラーで成長してくれています。 9月の開幕まで準備をしていく中でより成長してくれると思いますし、もっと面白いサッカーができると思っています。
 
 
□石田千尋選手

ー試合を振り返ってください。
今日はミーティングで勝負にこだわろうという話をしていた中で、勝ちきれなかったことが悔しいというのが率直な感想です。
 
ー特に最後の20分は相手を押し込んでいました。押し込めた要因はどんなところだと感じていますか?
最後の方は両チームとも疲れがあって、全体的に間延びしていました。真ん中に大きなスペースがあって、そこでボールを多く受けることができたから押し込めたのかなと思います。
押し込む時間帯で、シュート数もあったので、そういうところを決めていかないと、結果に現れないと思います。押し込んだからOKではなく、決め切るというところにこだわっていかないといけないと思います。
 
ーWEリーグ開幕に向けての課題はどんなところでしょうか。
チームとしてチャンスがなかったわけではないので、そこを決め切るというところは、突き詰めてやっていかなければいけないなと思っていますし、個人としてはもう少しボールを受ける回数を増やして、得点に絡んでいけるようになりたいと思います。
 
 
 
□西郡茉優選手(※2種登録)

ー試合を振り返ってください。
麗奈さん(脇阪選手)が怪我をしてしまい、急遽出場することになったので、これまでトップチームでやってきたポジションとは違うところで出場しました。でも自分のやることは変わらず、相手の間に立って前の選手と後ろの選手を繋ぐ役割だったり、止める蹴るのところを日頃から言われていたので、試合の中で意識しました。時間を作ったり、前にパスを繋げられたり、落ち着かせられたところはよかったと思います。
 
ープレシーズンマッチ2試合を経験して、成長を感じているところはありますか?
1試合目はワンシーンしか良いプレーができなかったと思っていて、焦ってしまっていつものプレーができなかったところがありました。でも今日はビビらずに、自分の得意な持ち方でボールを持つことができましたし、前を向けるタイミングでは積極的に前を向いて、自分から仕掛けていくことを心がけて、それをやり切ることができました。
 
ーこれからどんな選手を目指していきたいですか?
今日は良いプレーをできるようになってきましたが、チームとしては負けてしまいましたし、点を取れるところで自分も外してしまったり、パス 1本を繋げられなかったところは課題が残ったので、強い相手でもチームを勝たせられる強さや決定力、1対1の強さなど基本的なところをもっとレベルアップして、トップチームでもチームに欠かせない選手になれるように成長していきたいです。